630kHz DZMM Radyo Patrol 630

チガヤ 

10月17日当地最低最高気温予想15.0/18.8℃。

これは近くの道路沿い、6月17日撮影。チガヤ(千萱、茅)です。とても親しみのある雑草。サトウキビの近縁で、穂を噛むと甘い。しかしこれが一度入り込まれると、刈っても刈ってもまた芽をだし始末に負えません。ただ手を加えない野原では長期的遷移でみると、ススキなどが入り込むと背の高さでは負けてしまうので次第に入替るという。ただこのように良く刈り取りをしているような所では、入替ることはなく、駆除もしにくく繁殖し続けているのが見られるということらしい。

本日の早朝中波帯域タイマー録音もいつものようにできず。昨夜のライブ受信音から。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.32

  • 周波数 630kHz
  • 放送局 DZMM Radyo Patrol 630
  • 言語 Filipino
  • 距離 2,952km 程度
  • 出力 50kW
  • 録音 2019年10月16日20:44~

この時間浮かんでいたので、またここですが「一期一聴」、記録しておきます。
録音最初の方、いろいろな変遷経たのでしょうが、ABS-CBSとして65年放送といってます。

蛇足、
録音内で番組紹介してます。録音48秒付近は下記番組タイトル聞こえます。
“Himala sa Fatima” (Fatimaの奇跡 のような意)
これを下記の番組の中で放送するらしい。
・Dr. Love Radio Show – Anchor: Bro. Jun Banaag, October 15, 16,and 17
Jun Banaagさんが Fatima を訪問し、1917年に起こったとされる聖母マリア出現に関するレポートのような内容と思われます。

宗教関連全く疎く知りませんでした。調べて見るとFatimaとはポルトガルの地方都市。Wikipediaによると、ファティマの聖母の出現と呼ばれる宗教的幻視によって著名とあります。そのためローマ・カトリックの巡礼者を中心に国際的な巡礼地として知られるようです。
フィリピンはカトリックの国とほぼいえるでしょう。そして聖母マリアへの崇敬も強いものがあるようで、このような番組も企画されたのでしょうか。聖母マリアはフィリピンにも出現、訪れたとまでされているようですね。(リパの聖母: Wikipedia参照)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    693kHz Unidentified Talk?

    次の記事

    1600kHz Unidentified KVRI ?