11720kHz DW (DEUTSCHE WELLE)

今のところ当地は積雪も、薄化粧程度か。
相模原最低最高気温予想-0.3/1.5℃。

これは相模原南橋本付近、JR相模原線沿いで撮りました。2018年11月3日撮影。
センダングサの仲間であるのはすぐわかります。この時でもまだ頭花が見られました。コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)、別名 シロノセンダングサ、シロバナセンダングサ と呼ばれるものでしょうか。コセンダングサに似ていますが、そちらのほうの 頭花には舌状花はほとんどない、とはありますが、自信ありません。

常套句、”早朝中波帯域タイマー録音失敗” してしまい、昨夜の短波放送録音から、ピックアップしておきます。
Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
そしてSDRuno Rel1.11で再生

・周波数 11720kHz
・放送局 DW (DEUTSCHE WELLE)
・言語 Dari / Pashto
・距離 8,056km 程度
・出力 250kW
・録音 2019年2月8日22:58~

ここ久しぶり。それだけ見向き、いや耳を傾けようとしてない、もったいない。
この時は良好でしたが、録音は少し落ち込んでしまったかも。
B18スケジュールでは下記になってますが、Dari語の最後、そしてPashto語に切り替わるところを録りました。
・13:30-14:00UTC Dari
・14:00-14:30UTC Pashto
いずれも基本、DariとPashtoが公用語のアフガニスタン向け。録音内でURLなど言ってるが聞き取れない。DW Dari語のサイトには、ラジオ放送内容や、アーカイブも聞けるようになってました。このサイトのことも言ってたのでしょうか。

蛇足、
アフガニスタンの歴史理解してませんが、少なくとも1970年代以降では、イスラムの教えに忠実なイスラーム社会の建設運営を目指そうという人々と、世俗化というかより民主主義を目指そうとする人々で、不幸な対立や紛争を旧ソ連、米国はじめ、世界を巻き込み、巻き込まれてきたというイメージです。
ところでこの録音の前のTalk部分、Google翻訳参照しましたが意味取れません。女性の権利あるいは女性に関する話題のよう。 現在のアフガニスタンはタリバンのころと比較すると、少しは世俗化したということですが、西側から見ると、女性の権利は虐げられているということなのでしょうね。

わけわか…の戯言はここまで、寝ましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    1305kHz 济南文艺广播

    次の記事

    837kHz DYFM Bombo Radyo Iloilo