7496kHz Voice of Tibet

コシロシキブ

12月2日当地最低最高気温予想7.0/13.3℃。

境川沿いで、9月9日撮影。コシロシキブ(小白式部)、またはシロミコムラサキ(白実小紫)と呼ぶものでしょうか。コムラサキシキブ(小紫式部)の白色のバージョンのようです。

時間なく、たまたま録音した短波からピック。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRUno Rel.1.33

  • 周波数 7496kHz
  • 放送局 Voice of Tibet
  • 言語 Tibetan
  • 距離 6,113km 程度
  • 出力 100kW
  • 録音 2019年12月2日08:00~

久しぶりのたまたまの受信。放送開始のところ。といっても、この時間下記のたった5分放送時間のようです。B19 Aoki Listより。
・2300-2305UTC
最初の13秒付近から、下記ID出てるようです。WRTH表記より。
…Di nor we bod kyi rlung phrin khang yin

蛇足、
たった5分間の放送ですが、開始から2分過ぎ付近からは、7495kHzの中国之声により、完全にカバーされてしまいました。しかしJammingなら、なぜ開始から信号出なかったのでしょう。おかげ様でこのように良好な状態で受信できる部分も有り、ありがたい? ですが。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    693kHz Bangladesh Betar

    次の記事

    850kHz KICY