837kHz Interference …

ニホンハッカ

1月17日当地最低最高気温予想℃。

境川沿い、9月19日撮影。これはハッカでしょうか。川沿いの湿気の多いところに生えてるのを見つけました。その花が咲いていました。おそらくニホンハッカ(日本薄荷)としていいのかな。ヨウシュハッカとは区別されるそうですが、正直のところ差異がわからないのです。

日々の記録、自己満足にしかなりませんが、昨夜のこの混信雑音です。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel 1.33

  • 放送局 フィリピン局(DYFM?) + NHK第1 + 韓国CBS?
  • 周波数 846kHz 
  • 録音 2020年1月16日23:48~

この時、フィリピン局が混信しているのに気づき録音しましたが、遅かったか。何も確認できず、沈んでいったようです。正直、これだけ。

蛇足、
この周波数でほぼ同じ時間、同じような混信状態を、前回は2019年12月25日にアップしました。受信履歴からは、DYFM Bombo Radyo Iloilo の可能性高いような気はします。もしIloiloなら、主に話されるのはHiligaynon語 (Ilonggo語とも)。良好に受信できたとしてもFilipino語と区別できるか分かりませんが、そのような言葉が話されているのかもしれません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    11825kHz BBC WS via Tinang

    次の記事

    7260kHz Mongolian Radio