7260kHz Mongolian Radio

オオイヌタデ

1月18日。最後の大学入試センター試験始まる。当地は雨から雪になりました。最低最高気温予想0.5/4.0℃。

境川沿いで、2019年9月19日撮影。少し湿っぽく河原の近く。オオイヌタデ(大犬蓼)でしょうか。1m近い高さのもの群生していました。ここでは白い花穂が目立ちました。

帯域タイマー録音失敗ばかり。また最近特に短波でノイズレベルが上がっているような気もします。寒さもあり気力薄れてますが、本格的にこれらに対処しなければならない時期近づいてきているような。そんなことより、まずは机の上の書類の山、整理しないと。
本日は上記のような状況で、短波での「犬も歩けば…」的、適当受信から。
録音再生: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel.1.33

  • 周波数 7260kHz
  • 放送局 Mongolian Radio (3?)
  • 言語 Mongolian
  • 出力 50kW
  • 距離 2,985km 程度
  • 録音 2020年1月18日 10:30~, Streamingからも

この時間ですが、またここが聞こえていました。とは言え弱くノイジー。
前回2019年10月30日の録音は日本時間午後の放送でしたが、それより状態良くないか。この時間ずっと音が流れ続けていました。録音42秒付近、曲の切れ目で3秒程度の短めのアナウンス入りますが、何と言っているのでしょう。局情報出ているのかもしれませんが、全く聞き取れません。Streamingからもこの付近追加しておきましたが、録音設定悪いのか、今回もこちらも了解度悪く聞き取れません。

蛇足、
この時間付近流れていた音楽、瞑想を誘うような感じの曲が多かったような。ノンストップに近いような感じで流れてます。Shazamで音楽確認しようとしたのですが、試す毎に違うタイトルが出てくるような感じで、うまく解析できませんでした。いずれにしても、モンゴル国内POPという感じのものではないようです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    837kHz Interference …

    次の記事

    1580kHz Unidentified