630kHz 中國廣播公司 新聞網, 宜蘭

相模原最低最高気温3.4/9.7℃。

これは相模原東橋本の道路脇で撮りました。10月4日撮影。
この時は午後3時過ぎでしたが、曇りで薄暗かったと思います。
マツヨイグサの一種でしょうが、コマツヨイグサ(小待宵草)か。
黄色の花、萎んだ花は赤っぽく、茎はまっすぐ立ち上がらず匍匐気味。
夏のイメージですが、まだまだこの時期でも咲いてました。
下記が非常に参考になりました。私のようなものでも判断しやすい。
ただし、素人なので誤っていても悪しからず。
http://www.azami.sakura.ne.jp/yasou/zoku/matuyoigusa.htm

今朝も中波帯域録音しました。
しかし気が変わって昨日早朝の対域録音からピックアップしておきます。
Perseus + SRC Console V2 + ALA-1530
そしてSDRuno Rel1.11で再生

 

・周波数 630kHz 
・放送局 中國廣播公司 新聞網
・言語 北京語/台湾語 ?
・出力 10kw
・距離 2,069km 程度
・録音 2017年12月1日04:59~

またいつもの周波数。
ここの台湾局と言えば、なぜか私のところは下記局がいつも聞こえてきます。
・台湾広播公司 中興台松嶺転播台
今朝の早朝の録音と昨日と比較していて、昨日の方で別局が聞こえてるのに気づきました。
・中國廣播公司 新聞網, 宜蘭
こでは、この周波数で初めてある程度確認できた記録となります。

録音最初の方、音楽と混信してますが、女性の中国語トークが聞こえます。
録音45秒付近以降に、この Canned IDと思われるもの、聞き取れます。
…中廣新聞 News Radio…
そして、時報チャイム?後、次の局名出ているでしょうか。
…中國廣播公司…
http://www.bcc.com.tw/

蛇足、
この時混信してるのは、聞こえてくるSJから、DZMMと判断できます。
録音最初の方に流れている曲調べて見ると、次のものでした。
ENGELBERT HUMPERDINCK – QUAND, QUANDO, QUANDO
エンゲルベルト・フンパーディンク と言えば、私には「太陽は燃えている」です。
まさに蛇足 ?! でした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    990kHz DZIQ, Radyo INQUIRER