774kHz 混信 さあどこでしょう

相模原最低最高気温0.7/10.5℃。

これは相模原駅近くの歩道沿いで撮りました。10月23日撮影。
イヌホウズキ(犬酸漿)と思うが、似てるものがありますので…
あちこちの道路沿いでも見かけます。

今朝の中波帯域幅録音はうまくいきました。
しかし、この混信をアップしておきます。
Perseus + Perseus soft v4.1a + ALA-1530
そしてSDRuno Rel1.11で再生

 

・周波数 774kHz
・放送局① HLAJ 済州文化放送 ? or HLAN 春川文化放送 推定
・放送局② Unidentified 先聲廣播電臺 ??
・言語 Korean / 台湾語??
・出力 韓国局各10kW
・録音 2017年12月8日03:00~

これは混信だったという記録です。
録音ではIDも出ていなくて局名確認はできませんでした。
2017年11月25日に続き、この周波数の混信を推定してみました。

録音の最初のところ、時報のところ、韓国のMBC文化放送のSJが聞き取れます。
以下のどれかのはず。
・HLAJ 済州文化放送
・HLAN 春川文化放送
後は正直気何もわかりませんでした。
ただ2局のような感じで、中国語/台湾語らしきもの聞こえたような。
録音1分5秒付近から曲が浮かんできてます。
何処かで聞いたことがあると思って過去録音調べました。
2017年1月26日の燕聲廣播電台の録音に含まれてました。
・曲名:清淨法身佛
この曲よくわかりませんが。台湾で発売された仏教に関するもののようです。
おそらく台湾からの送信と思われ、そうすると以下可能性あります。
・先聲廣播電台 20/10kW
・台湾廣播公司 20/10kW
・勝利之声广播電台 1kW
受信履歴からすれば、先聲廣播電台が可能性高いか?

蛇足、
いつもの所感です。
音楽は非常に有効なメディア、言葉ですね。
このようなほとんど聞こえない受信状態でも認識できます。
また一度聞いただけでも、記憶に残るときは残ります。
感情を動かす力さえあります。
正に人類の共通語のようなものです。
宗教に音楽が、多く取り入れられるのもよくわかります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください