774kHz DWWW

4月11日晴天なれどやや北風強し、相模原最低最高気温5.0/15.8℃。

これは相模原小山付近の道路沿いで撮りました。1月5日撮影。
正月明けたばかり、松の内だったのですが、このヤハズエンドウ(矢筈豌豆) 、というよりカラスノエンドウ(烏野豌豆)の方が一般的かも、これが寒空の中咲いていました。植物、生物たちは本当に逞しい。

本日の早朝中波帯域タイマー録音も失敗しており、4月9日録音分から拾いました。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530 
再生: SDRuno Rel1.3

・周波数 774kHz
・放送局 DWWW
・言語 Filipino / English
・距離 2,958km 程度
・出力 25kW
・録音 2019年4月9日05:02~

またここ、といっても最近なかなか良好に受信できません。本日も韓国文化放送MBCにカバーされて弱々しい限りです。録音26秒付近のID、Canned IDなのでしょうか、次のようにでています。…のはず。
…DWWW 774, Your Ultimate Newsic Radio.
下記サイトの解説参照してます。
https://en.wikipedia.org/wiki/DWWW

上記アナウンスなどの後、鶏の鳴き声聞こえ、この時間の朝の番組始まったか。フィリピン局は概して朝から、テンションが高い。録音1分13秒以降の掛け声というか、騒ぎ様、現地時間のまだ朝4時ですよ!! DWNXの朝の開始番組 “Morning na! Tindog na!” も、同じく鶏の鳴き声などから始まり、同じ雰囲気感じですね。2019年2月7日のあちらの音も参照ください。ちなみにここはなんという番組でしょう、番組名出ているか。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    666kHz DZRH のはず 4月9日受信

    次の記事

    1359kHz CNR 中国之声