666kHz DZRH のはず 4月9日受信

4月10日、雨模様。完全に冬に戻りました。
相模原最低最高気温3.0/8.0℃。

これは相模原小山周辺道路沿いの植栽を撮りました。1月8日撮影。
正月明けでしたが赤い実が見事に稔っています。マンリョウ(万両)でしょうか。いろいろな園芸品種があるということです。縁起物としてもよく植えられています。

昨日早朝帯域録音ファイルから落穂ひろいのようにピックアップ。4月9日受信分。
Perseus + SRC Console V3 + ALA-1530
再生はSDRuno Rel.1.22

・周波数 666kHz
・放送局 DZRH Manila (DZRH Nationwide) のはず
・言語 Filipino
・距離 2,956km 程度
・出力 35kW 
・録音 2019年4月9日 04:59~

この時もNHK第1大阪局、メンテで停波してくれたようです。ただもうこの時間は搬送波は発射されており、基本カバーされ何も聞こえませんでした。しかしいつものように666kHz ちょうどにノッチかけてみるとフィリピノ語が浮かび、状態良くはありませんが聞こえるレベルになりました。若干ずれてるのが幸いしているようです。DZRHと確認できませんが、まずここでしょう。5時からNHKの放送開始し完全にカバーされました。

ニュース項目を男女交互のように、結構たくさん読み上げているようです。内容少しでもわからないか調べてみましたが、単語認識できるぐらいで全くわかりませんでした。
その中で、録音1分10秒過ぎ付近から次のような単語出てきます。何のことでしょう、日本語レベルのことか? つい日本の介護職員募集を連想してしまいましたが。
…Japanese, …Lebel 2… …

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください