855kHz 平壌放送

ヒメクグ

2月19日当地最低最高気温予想0.0/12.0℃。

近くの道路沿いで、2019年9月27日撮影。いつもわからなくなります。ヒメクグ(姫莎草)でしょうか。芝の中に生えていたようです。写真だけでは似たもの多いので自信ありません。これまでの写真と比較してみるとそのような気はしますが。

本日はこれを記録しておきます。一期一聴。
録音: Perseus + SRC Console V3 + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.33

  • 放送局 平壌放送
  • 周波数 657kHz
  • 言語 Korean
  • 距離 1,228km 程度
  • 出力 500kW
  • 録音 2020年2月19日01:29~

ここ、この音楽でまた録ってしまいました。01:30JST直前のこの音楽流れるところから録りました。2016年12月11日に657kHz ですが、同じ音楽を録っています。いつもパターン化された放送していると思ったのですが、前回と流れてる時間30分違う。これは2018年に平壌時間と韓国標準時を統一しようと変更されたからと納得はしました。この時間付近で流れてますが、モニターしてるわけではありませんので、正確に同じ時間なのかまでは知りません。

蛇足、その①、
前から思っているのですが、とくにここ音質が悪い。過変長はわざとかもしれませんが、明らかに周波数200Hz近くずれてます。他局との関係で耳障りなうなりを発しています。録音17秒付近から、855kHzジャストにノッチをかけてますが、以降はまあ良好に聞こえます。放送機器のメンテナンスができていないのでしょうね。誰もほぼ聞いてないということで(失礼!)、国外向け放送のメンテに金をかけられるような状況ではないのか。なお657kHzの方もひどい音、ただ確認した限りでは、目立つような周波数ずれはないようです。

蛇足、その②、
延々と流れている音楽、2016年12月11日にも既述した、映画「名もなき英雄たち」の中の挿入歌「忠誠の心」。70年代に作成された北朝鮮工作員を描いたスパイシリーズ映画。拉致事件が頻発したのは正にこの時期。色々なことを想像してしまいます。それはさておき、この哀愁を帯びた単純なメロディーは、一度聞くと忘れられなくなります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    次の記事

    1670kHz Unidentified KHPY ?