840kHz CFCW 10月15日受信

ゲンゲ

10月16日当地最低最高気温予想13.5/17.1℃。本当に涼しくなってきました。

近く道路沿いで、4月17日撮影。写真を後で見るともって良く調べて置けばよかったと悔やむことが結構あります。これもそう。ゲンゲ(紫雲英)でしょうか。レンゲ、レンゲソウという方が私はなじみがあります。色が薄いし何か違う感じもします。しばらく見てないので良く分からなくなってしまいました。レンゲと言えば、昔は春先の田んぼに、見事なくらい一面咲いていたものです。化学肥料の普及などで、もうあの風物詩は見られなくなりました。

昨夜の中波受信音から記録しておきます。ノイズです。
録音: Perseus + Soft ware V4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.4

  • 放送局 840 CFCW ?
  • 周波数 840kHz
  • 出力 50kW 日中 / 40kW 夜間
  • 言語 English のはず
  • 距離 7,962km 程度
  • 録音 2020年10月15日22:04~

北米局でしょうが、ノイズ、ノイズ。音になりません。ただこの録音付近、男性Vocalの音楽が流れてるような気も。音楽解析しようとしましたが、この状態では無理でした。通常はすぐあきらめます。
ただ2020年9月24日にアップした投稿の様に、局サイトに演奏曲などを表示している局もあります。ダメ元で、リストから入感しそうな局の、下記サイト調べて見ると、ここには流した曲と時間がリストされてるページがありました。
https://www.cfcw.com/

録音した時間は、現地時間の7:04AM付近なので、ここなら表記の”Alabama- Southern Star”が流れていたはず。
https://youtu.be/QxWFCPUtq4E

何度もこの曲と受信音を比較してみました。そうするとこの曲に間違いない気がしてきました。まずここでしょうか。(これを空耳とも言います、危ない…)

因みに、
この局も9月24日投稿した、910kHz CKDQと同じく、カナダのアルバータ州にあるカントリー局、同じStingray Groupによって所有運営されている局でした。このアルバータ州は確かに都会とは違い、カントリーがいかにも似合いそうな地域です。おっと、これは偏見になってしまいますね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    次の記事

    1611kHz DWNX