1600kHz KVRI 10月14日受信

ムラサキケマン

10月15日当地最低最高予想15.4/18.0℃。

境川沿いで4月16日撮影。ムラサキケマン(紫華鬘)でしょうか。独特な花の形状です。もう盛りを過ぎてしまったようです。しかしうまく撮れません。あまり日の入らないところで咲いていました。

昨夜の中波受信の中の録音から拾いました。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.4

  • 放送局 KVRI Radio India
  • 周波数 1600kHz
  • 言語 Punjab ?
  • 距離 7,624km 程度
  • 出力 50kW Daytime / 10kW Nighttime
  • 録音 2020年10月14日20:59~

決して良い状態ではありません。しかしこの時報前後のところ、浮かんでくれました。音楽が流れていますが、解析できませんでした。宗教的なものか、一般に販売されてないようなものでしょうか。
久し振りに局名確認できました。録音48秒付近のコールサインは明瞭ですが、その直後何と言ってるのか?
…KVIR… ….

蛇足、
少し調べてみての所感。間違っていたら。悪しからず。

カナダのすぐ隣の米国側から放送してますが、基本はカナダ側のIndo-Canadian community向けらしい。以前の受信で、音楽解析できたものに、シク教に関係すると思われる音楽が何回かありました。移民にはシク教徒が多いらしい。

改めてシク教調べると、16世紀にヒンドゥー教の改革掲げて創始された比較的新しい宗教。パキスタンとインドにまたがるパンジャーブ地方に多くの信者がいる。しかしイスラーム国家であるパキスタンを嫌ってイギリス、アメリカ、カナダ、東アフリカ、香港などに移住したシク教徒が多いという。シク教徒の過激派によるインドからのパンジャブ独立運動により、1984年6月のシク教総本山武装立て籠り事件発生。当時のインディラ=ガンディー首相は武力鎮圧したが、反発したシク教徒過激派により首相は暗殺、更にヒンドゥー教徒がこれに反発、というようなが事が起こりました。個人的には直接耳にしたニュースのはず、なぜか記憶ほとんどない。

ところで、下記で放送局の歴史記事参照すると、カナダで海賊放送していた2010年、局オーナーが関係する発砲事件発生。上記の独立運動に関連する政治的立場の違いから起こったと、オーナーは述べてるようです。これに関連してるのか真相知りませんが、根は深いようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/KVRI

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください