828kHz DXCC RMN Cagayan de Oro

ハルジオン

12月22日当地最低最高気温予想 -0.5/10.7℃。

近くの道路沿いで6月2日撮影。この時期なのでまだハルジオン(春紫菀)の方か。良く観察すれば私でも自信持って判断付くと思うが、写真からだけでは少し不安。ヒメジョオン(姫女苑)との区別、外観からでも簡単に見分けられると思ってましたが、やはり私には難しいようです。

本日早朝の中波帯域タイマー録音から。
録音: Perseus + SDR Console v3.0.20 + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.4

  • 放送局 DXCC, RMN Cagayan de Oro 
  • 周波数 828kHz
  • 言語 Filipino ? / Cebuano ?
  • 距離 3,361km 程度
  • 出力 10kW
  • 録音 2020年12月22日05:18~

またここです。本日は日本時間4時30過ぎ頃には、浮かんだり沈んだりしてましたが、ここと思われる、音楽次々と流れていました。標記局開始アナウンス一部は確認しましたが、国歌はしずんでしまったか、確認できませんでした。
録音は、その後このように、結構浮かんできたニュース番組と思われるところを録ってみました。

蛇足、
録音17付近、番組ジングルか。ここでも”Balita”(ニュース)と聞こえます。
内容詳細分からないが、結構聞こえて来る英語単語から、これもCOVID-19に関する情報ですね。
別なサイト見てると、フィリピンも、ワクチン確保に努力しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください