850kHz KICY ロシア語放送

ラジオマニュアル

松本に家族旅行ということで行ってました。私は知らなかったのですが、偶然この倉、博物館に気づき、9月22日見せてもらいました。”日本ラジオ博物館” http://www.japanradiomuseum.jp
プライベートでこのような博物館を作ってしまうとは。館長さんは不在でしたが、管理の方と長い時間お話しいただき、ありがとうごさいました。久しぶりに懐かしい真空管ラジオの音も聞けました。
貴重な古いラジオの現物が見られます。その中でふとこの展示資料が目に留まりました。表記から1923年に米国で出版されたもののようです。調べて見ると、どうやら再生ラジオ、そのマルチバンドのようなもの。John L. Reinartz という方の設計によるようで、当時は米国のアマチュアの方々が、このようにラジオを作成するのがブームになったようです。このサイト http://k6bj.org/Club_History/WhoWasK6BJ.htm などに、いろいろと説明がありました。名前からも推定できますがドイツからの移民された方ですね。それにしても1923年とは関東大震災の年、本当に貴重な資料です。良くこのような現物が残ってたものです。

さて本日の受信記録。本日は夕食後の短いウォッチ時間しか取れませんでした。また聞こえていたこの中波局、記録としておきます。

・放送局 KICY
・周波数 850kHz
・言語 Russian
・送信 Nome Alaska
・出力 50kW
・距離 4,842km 程度
・録音 2016年9月23日20:35~

ここが割と良好に聞こえてました。この受信状況からも秋になったと感じます。ロシア語らしきことは分ります。IDは残念ながら録音では聞き取れませんでした。局アナウンスらしきもの入っているが分りませんでした。英語でもID入るようですが、なかなか録音できません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください