17675kHz Radio New Zealand International

ツルウメモドキ

Radio Australia、およびABCの短波放送が今日を最後に停波します。本当にさみしい。
相模原最低最高気温1.3/9.0℃。

これは相模原橋本近くJR相模線沿線のフェンスで撮りました。2016年12月18日撮影。後で見て全くのピンボケでした。無理やりこれでアップします。ツルウメモドキ(蔓梅擬)の果実と思わせれます。赤い種子が目立っていました。調べてみてこれではないか。雌雄異株ということなので、雌株ではないか。

Radio Australia の最終停波するところを取ろうとして失敗しました。本日はその直後のここを”参考”として記録しておきます。


受信音 Radio New Zealand International

・周波数 17675kHz
・放送局 Radio New Zealand International
・言語 English
・送信 Rangitaiki ??
・距離 9,110km 程度
・送信 100kW
・録音 2017年1月31日11:00~  

Radio Australiaを録音しようとしたのを失敗したショックで、何気なくここに合わせました。11時の「World & Pacific News」です。なんとそのトップニュースが、この停波についてでした。大急ぎで録音スタートしたのですが、この最後のところからになってしまいました。
・パプアニューギニアPNGではローカルFMなど聞けるのは10地方都市のみ
・僻地では短波放送が唯一の有効なメディアである。
・PNGでは見込みでは90%以上の人がこの停波が大きな衝撃になる。
・僻地の人々にはWEBのストリーミングを見られるような環境はない。
などをレポートしていました。
確かに、PNG、サモアなどはここは重要なニュース源だったのでしょう。私のように単なるノスタルジー的に残念というのではなく、生活にかかせないものであったのかもしれません。政治的なこともありますが、津波など安全上の情報も、これから得ることができない人々が結構いるということは、考えさせられます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    1242kHz 燕聲廣播電台

    次の記事

    783kHz Unidentified 中東局?