11630kHz CNR哈语广播 (CNR17)

相模原最低最高気温4.5/12.2℃。

これは相模原南橋本の道路沿いで撮らせてもらいました。1月10日撮影。
昨日アップに引き続き、カタバミです。
よくわかりませんが、イモカタバミ(芋傍食)の白花の園芸品種か。
シロバナイモカタバミと呼ぶこともあるようです。
いわゆる花カタバミで、オキザリスと呼んでもいいのかも。
しかし1月のこの寒さでの中でも花を咲かせており、強いですね。

土曜、昼過ぎこれが聞こえてましたので、記録としておきます。
Perseus + Perseus soft v4.1a + ALA-1530

・周波数 11630kHz
・放送局 CNR哈语广播
・言語 Kazakh
・距離 2,459km 程度
・出力 100kW
・録音 2018年3月10日12:58~

中国局というだけで、多くの方が聞こうとはしないのかな。
実は私もそうですが(失礼!)。
しかしこの録音だけ聞くと、他国の局とさえ感じてしまいます。
ただ、IDは聞き取れてませんが、過去録音と比較してみるとここのはずです。

ここの日本時間13:00で流れた音楽フレーズ、これは独特ですね。
過去の録音では全てこのフレーズが聞こえてました。
ただ、この後の日本時間14:00の所では「歌唱祖国」の方が流されていました。
調べればわかるのでしょうが、どのような使い分けしているのでしょうか。

ここは「CNR民族之声」から独立し、2015年に開始した局ということです。
短波でも放送してるので、カザフ語を話す周辺国へも意識して番組作られてるのでしょうね。
NHK風に言えば、「CNR 第17放送」のような感じですね。
中央政府が行っている、少数民族向け放送?のようなもの抜き出すと、現在下記のようなものか。
・CNR民族之声(CNR8) 朝鮮語、蒙古語 
・CNR藏语广播(CNR11) チベット語
・CNR维语广播(CNR13) ウイグル語
・CNR哈语广播(CNR17) カザフ語
各地方政府の局が、もっと数多くの言語の局を放送しています。
確かに中国も多民族の国です。
ウイグル、チベットなどつい最近でも暴動やテロ、また独立運動もくすぶり続けています。
それだけ神経使っているという事でもあるでしょう。
http://www.kazakcnr.com/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    1690kHz KFSG