1044kHz 不明局 & 北京放送(中国国際放送) 10月30日受信

相模原最低最高気温8.3/17.9℃。

これは自宅の私のアンテナ(ALA-1530)を撮りました。6月29日撮影。
アンテナの上に鳥が留まってます。
ピンボケでこれではわかりませんが、たぶんヒヨドリ(鵯)と思われます。
私のアンテナがお気に入りなのか、良く留まっているのを見かけます。
舌を使って鳴きまねをすると、きょとんとし、鳴き返す?ような事も。

本日早朝の中波帯域録音はまた、失敗。
昨夜の受信音からピックアップしておきます。
Perseus + SRC Console V2 + ALA-1530
そしてSDRuno Rel1.22で再生

不明局

・周波数 1044kHz 
・放送局 Unidentified
・言語 ?
・録音 2018年10月30日19:46~

これは私のアンテナ、環境からこのように聞こえた(聞こえない?)だけです。
まず珍しいような局ではないとは思われます

北京放送が始まる前のところ。
良く聞くと音楽が流れており、その後ニワトリの鳴き声?か何かが聞こえます。
しかし、これで何もわかりません。
どこからかと調べたのですが、可能性高そうな下記局ではないような。
・KBS1(HLCI)
パラの出てる周波数で確認すると、お話のところでした。
・燕聲廣播電臺
ちょっと雰囲気違いような、推測のみで危ないですが。
・Metro Plus (香港)
局サイトのストリーミング、アーカイブでは違う音楽の様です。

北京放送

<br /> 北京放送, 江蘇省常州市<br />

・周波数 1044kHz 
・放送局 北京放送 CRI
・言語 日本語
・出力 600kw ?
・距離 1,830km 程度 
・録音 2018年10月30日19:59~

折角ですので、この周波数で日本語放送開始のところ記録しておきます。
なんと今まで記録してなかったかも。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください