700kHz KBYR ですね

空の雲

2月11日。野村克也さん逝去の報有り。
当地最低最高気温予想-0.5/10.6℃。

当地相模原の雲、2019年9月24日撮影。何の変哲もない雲かもしれません。しかし皿を重ねたような感じに見えますが、どのようなメカニズムでこんな雲が沸いてくるのだろう。ふと考えました。

10日早朝中波帯域タイマー録音から。
録音: Perseus + SRC Console V3 + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.33

  • 周波数 700kHz 
  • 放送局 KBYR
  • 出力 10kW
  • 言語 English
  • 距離 5,589km 程度
  • 録音 2020年2月10日 02:20~、参考にJustPlaneRadio.com アーカイブの一部
・受信音 2020年2月10日 02:20~
・JustPlaneRadio.com Just Plane Radio 2-8-20 アーカイブよりスポット抜粋

この時間、この周波数で英語放送が、弱いながら浮かんだり沈んだり。さすがにこの時間は702kHzからのサイド全くありませんので、聞き取れそそうなところもあります。受信音の最初の方、Pilotなどの単語や、1分過ぎのプロペラ機のエンジン音など聞こえてますので、飛行機に関する話題と推定できます。

この時間でも聞こえている英語局としたら、まずアラスカ局、KBYRでしょう。下記の局サイトで番組表参照すると、この時間、”Just Plane Radio” とあります。まずこれですね。
https://www.kbyr.com/

因みに、この番組名で検索かけてみると、下記サイト見つけました。この番組がネットされているようです。どうも日付が合いませんが、2月8日付のアーカイブで、プロペラ音がでてくるスポットを、参考にピックアップ録音してみました。受信音はこのところか。ところでさすが米国、プライベートプレーン用のこんな番組が、全国にネットされているとは。
https://justplaneradio.com/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    1539kHz Pravasi Bharathi 810 AM

    次の記事

    9450kHz All India Radio in Tibetan