15140kHz VOA in Tibetan ですが…

オオイヌノフグリ

7月16日当地最低最高気温17.5/26.5℃。本日新型コロナ感染者東京都で最多の286人。神奈川では47人。全国拡大しつつあり、緊急事態宣言の解除後、最も多い感染者数という。

近く道路沿いで、3月3日撮影。いつものオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)。花は1日咲いて落ちるという。

本日の私の記録したVHF帯域録音には、浮かんでいるもの無し。それでもここは何かしらの受信音、その音で愉しもうとしてる場所です。そこでエイヤー録音の短波から拾っ来ました。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel.1.33 

  • 放送局 Voice of America
  • 周波数 15140kHz
  • 言語 Tibetan
  • 距離 8,293km 程度
  • 出力 250kW
  • 録音 2020年7月16日14:58~

短波受信記録、VHFなどにかまけ、2ヶ月ぶり。この周波数、A20リストからはこの時間付近は下記のスケジュールになってます。
・0500-0600:UTC Voice of Ameria チベット語放送
標記放送の最後のところのはず。しかし、聞こえて来る大部分は、中国語です。 良~く聞くと、録音最初の方に笛の音の音楽がおそらく標記局の方か。途中で少し浮かんで来てますが、ほとんど聞こえません。時報のところ、録音1分21秒付近で英語の終了アナ、そしてジングルも聞こえるので、こことは確認出来たつもりです。

ほぼカバーしていたのは、時報の出方などから、CNR中国之声か。ジャミング替わりでしょう。蜻蜓FMでこの局のアーカイブ確認してみるとまずここですね。録音27秒付近の女性アナウンス、局名でも出たのかと思ったのですが、アーカイブ確認、Google翻訳参照すると、下記アナウンスらしい。「各種家具の総合展示会」開催のようなことを言っているのか。
…**家具品牌 联合展播

以上、CNR中国之声の受信音報告でした。
では無く、VOA受信しようとした受信音でした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    次の記事

    91.8MHz 河北农民广播