783kHz IRIB ? 2月4日受信

ルドベキア

2021年2月5日、当地最低最高気温予想-1.0/10.9℃。

境川沿いで2020年7月17日撮影。自生しているものではなく、栽培されてたものなのでしょうか。調べて見ると、ルドベキアと呼ばれるキク科オオハンゴンソウ属の仲間が、一番これに近いような気がしますが、どうでしょう。いろんな種類があるようです。トリロバ種のタカオと呼ばれる園芸品種が多く流通しているとのこと。

昨日2月4日の中波早朝帯域タイマー録音から拾いました。
録音: Perseus + SDR Console v3.0.20 + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.4

  • 放送局 IRIB (Radio Zahedan) ?
  • 周波数 783kHz 
  • 言語 Persian?
  • 出力 150kw 上記局として
  • 距離 7,346km 程度 上記局として
  • 録音 2021年2月4日04:58~

もっと浮かんでくるところもありそうですが。これを記録しておきます。
日本時間朝5時になろうとするところを録りました。録音35秒付近過ぎの女性Talikのなかで、”Iran“の様に聞こえるところがあります。履歴からはまずここのはず。

異国情緒ある音楽が聞こえて来ると、つい記録したくなります。この録音で流れているもの、解析できませんでした。ペルシャ風と思って聞くとそうも聞こえますが、Bangladesh Betarで流れている笛の音楽と思ってしまうとそのようにも聞こえてしまいます。

蛇足、
因みに、録音最後の方に混信している中国局は、河北生活广播です。時報、4点のもの聞こえます。しかし河北生活广播のものではないようです。IRIBでもないはずですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

1512kHz DZAT ?