9780kHz Afia Darfur/Hello Darfur

ヌルデ

寒くなりました。相模原最低最高気温0.6/8.4℃。

これは相模原小山の国道16号線沿い道路わきで撮りました。2016年11月14日撮影。まだ小さな木でしたが紅葉がきれいでした。漆の仲間なのでしょうが分らずに調べました。ヌルデ(白膠木)ではないでしょうか。小葉の間の葉軸に翼があることで判断しましたが当たっているか。ウルシの仲間は紅葉がきれいです単に触っただけでかぶれることはないそうですが、これにできた虫こぶに触るとかぶれるそうです。

本日も帯域録音したものを解析、ピックアップしておきます。
録音: Perseus + SRC Console V2 + ALA-1530
再生: SDRuno Rel 1.11


受信音 Afia Darfur/Hello Darfur

・周波数 9780kHz 
・放送局 Afia Darfur/Hello Darfur
・言語 Arabic かな?
・送信 Selebi-Phikwe, Botswana
・距離 13,303km 程度
・出力 100kW
・録音 2017年1月5日04:27~ 局サイトからも1部録音

早朝には起きることはまずできません。私はこの局は初めての記録になります。録音の中に局確認できるアナウンス無かったと思いますが、周波数/時間から推定。
Sudan/Chad向け。
放送時間1900-1930UTC

その最後のところになります。下記がこの局のサイト。
http://www.afiadarfur.com

この中に番組のアーカイブがあり、本日のこの放送が聞けました。反則技ですがこれで最終確認できました。録音の最後にこの番組最初のID、および録音の番組最後の、トークから音楽に替わるところ、参考に録音追加しておきました。

しかしSudanの内戦、ダルフール紛争(War in Darfur)は本当に困ったものです。

この局はWRTHによると2008年に開始したようです。これはSelebi-Phikwe送信となってます。VOAの送信所からなのかな?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください