1600kHz KVRI Radio India ??

テリハノイバラ

12月7日当地最低最高気温予想4.4/5.5℃。

これも相模総合補給廠沿い道路脇、9月13日撮影。ノバラ(野薔薇)と呼ぶものでしょう。ノイバラ(野茨)と呼ぶ方が正式か。ただこれは茎が直立せず地を這ってます。葉の光沢も強いので、テリハノイバラ(照葉野茨)の方でしょうか。海岸や河原に多いということですが、このような内陸道路沿いでも普通に見られるようです。花期はもう過ぎているはずですが、まだ咲いているものがありました。

本日はアップしたい受信音多く迷いましたが、昨夜の中波受信音から。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel 1.33

  • 周波数 1600kHz
  • 放送局 KVRI Radio India ??
  • 言語 ??
  • 距離 7,624km 程度 KVRIとして
  • 出力 50kW Daytime / 10kW Nighttime
  • 録音 2019年12月6日20:58~, Streamingから一部
1600kHz 受信音から
Streamingから 同時刻付近?


ここ、なかなか確認できません。
この時もインド風音楽が、わずかに浮かんで来たとこだけ録れました。Streamingの方も確認してたのですが、これらしき音楽が、時報の時間関係なく流れていました。たぶん同じ曲と思われ、ここなのでしょうか。Streamingから、その音楽一部も録音しておきました。

蛇足、
受信音では、音楽解析できませんでしたが、Streamingからは下記と出て来ました。
・ Bhai Nirmal Singh Ji – Babiha Amrit Vele Boleya
曲名の意味取れませんでした。いずれにしても Bhai Nirmal Singh Ji さんは、パンジャブ州出身の方。そこまでは間違いないが、以下推定。

この音楽はKirtanと呼ばれる、宗教的なものをナレーション、朗読するパフォーマンスのようです。これはシーク教に由来してるものか。パンジャブ語で語られていると思われます。

宗教のことわからないが、シーク教徒というのは、インドではヒンズー教徒からは見れば少数派なのでしょうが、2400万人もいるそうな。富裕層が多く社会的に活躍する人が多いという。ターバン着用が戒律上の義務とあります。Wikipedia より。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    11780kHz RN da Amazonia

    次の記事

    1611kHz DWNX RMN Naga 1611