9565kHz Radio Marti

ママコノシリヌグイ

12月12日当地最低最高気温予想6.1/14.2℃。

境川沿い、9月13日撮影。ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)ですが、その花が開いているところ。12月1日にアップしたばかりですが、花は開いてませんでした。開いても5mm程度の大きさで、なかなか名前と違ってかわいらしい姿をうまく撮れません。

帯域録音ファイル廃棄整理で、12月10日早朝録音の中から。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.33

  • 周波数 9565kHz
  • 放送局 Radio Marti
  • 言語 Spanish
  • 距離 11,254km 程度
  • 出力 250kW
  • 録音 2019年12月10日06:58~ , Archiveより一部
受信音 
Archive より


捨てるのもったいなく、状態良くありませんがアップしておきます。
録音最初の付近、何とか「Radio Marti」とは出て来るようです。しかしよく聞き取れません。下記サイト探していくと番組Archive聞け、下記番組の最後のところでした。その部分も録音先頭合わせて、Archiveからも一部録音しておきました。
・Las Noticias como son 現地時間12月9日16:58付近
https://www.radiotelevisionmarti.com/

Archiveの音を参照させてもらうと、受信録音の最後の方には3つ周波数言ってますが、切り替わるということなのか、全部聞けるということか?
・7355kHz
・7375kHz
・9565kHz

蛇足、
この局はキューバ向けのVOAのような局でしょう。
下記Wikipediaによると、局の有効性も問われている状況あり、またキューバの反発もあり、将来いつかは廃止されることになるのでしょうか。
https://en.wikipedia.org/wiki/Radio_y_Televisi%C3%B3n_Mart%C3%AD

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    9330kHz WBCQ

    次の記事

    9420kHz Helliniki Radiophonia