5985kHz Myanmar Radio 2月13日受信

セイバンモロコシ

2021年2月14日、ポカポカ陽気。当地最低最高気温予想5.0/16.9℃。昨夜13日23:08付近地震。福島・宮城で震度6強。当地でも震度4。強い揺れでした。

橋本駅近く横浜線の線路沿いで2020年7月26日撮影。良く見られるセイバンモロコシ(西播蜀黍)と思います。地中海原産の帰化植物。1945年代のころから見かけられるようになったそうな。モロコシというとトウモロコシを連想してしまうが、トウモロコシ属ではなく、モロコシ属の方、コーリャン(高粱)の仲間、全く種類が違うようです。

昨夜の短波受信音から。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel1.4

  • 放送局 Myanmar Radio
  • 周波数 5985kHz 
  • 出力 25kW
  • 言語 Burmese ?
  • 距離 4,735km 程度
  • 録音 2021年2月13日23:04~, 23:10~

昨日の地震の前後の付近、たまたま聴いていたもの。

2月1日の軍によるクーデター発生直後は、国営放送ラジオなどは停止したとのことですが、少なくとも放送はされているようです。モニターしているわけではないので分かりませんが、以前の放送と変わっているのでしょうか。日本時間23時、23時30分付近で、ジングルなど聞けると思ったのですが、少なくともこの時は、聞き慣れたものは出て無かったようです るのかも。録音はたぶん局情報が出てきたと思われる付近を録ってみました。空耳か、録音最初、”アウンサン”のようにも聞こえるような。録音1分32秒付近、何か局名出ているようですが。
… *** Radio

この録音の最後の付近から、少なくとも30分以上、マャンマーpop が流れ続けました。なかなか解析できないのですが、解析できた曲の開始付近を録音に追加しておきました。録音1分53秒付近からです。
・L Lun Wa – A Phyu That That
https://youtu.be/ISWpd4yc8s8
L Lun Waさんは、現在38歳。カチン州出身の人気popシンガーのようです。ラブソングのようですが、タイトルの意味調べきれませんでした。

蛇足、
状況知らない者の憶測です。軍が放送コントロールしてるとすると、カチン族など少数民族とも紛争を抱えてる。このようなラブソングを流し、クーデターの軍への反発、興奮を少しでも抑えようとしている? のか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

1548kHz DZSD? & TWR 2月12日受信

次の記事

954kHz 建國廣播電臺