1656kHz 2MM in Darwin ??

月と金星

2022年04月23日(土)、当地最低最高気温予想 15.5/25.7℃。

夕方の空です。2021年10月10日撮影。月は10月06日に新月だったという事で、細い三日月です。その右下に少し離れて明るく輝いているのが金星のようです。この日は月のすぐ左下ぐらいに、さそり座のアンタレスが赤く見えるはず、との事なのですが、この写真には、まだ、らしきもの写っていませんでした。

本日早朝中波帯域タイマー録音より。
録音再生: Perseus + SDR Console v3.0.27 + ALA-1530

  • 周波数 1656kHz
  • 放送局  2MM Greek Radio ??
  • 言語 Greek ??
  • 距離 5,412km 程度
  • 出力 0.4kW
  • 録音 2022年4月23日 04:21~

アンテナもまともに整備してないのに、また無理してこの周波数を記録しておきます。

この録音の付近、辛うじて♪が浮かんできていました。録音最初の付近、高い女性Vocalのようです。この状態でも、何と!、解析できました。下記オペラ、”セビリアの理髪師” の中の曲。歌っているのは、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた、Maria Callasです。
♪The Barber of Seville, Act I: “Cavatina. Una voce poco fa”
https://youtu.be/tkGE94ZASuQ

この周波数では受信履歴的には、2MM らしきものしかありません。しかしこれだけで局推定意味ありません。

蛇足、
Maria Callas を知ってはいましたが、彼女はニューヨーク生まれの、ギリシャ系アメリカ人だったことまでは知りませんでした。しかしここでギリシャとの関連が出てきました。何となく、これも2MMからなのかも? という気になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください