1593kHz 漁業廣播電臺(台湾)

シュウメイギク

今日も晴れました。相模原最低最高気温3.8/15.8℃。

これも相模原橋本アリオモール近くのマンション、植栽で撮りました。10月25日撮影。これもシュウメイギク(秋明菊)と思われます。その八重です。キブネギクとも。

本日も昨日に続き下記で、帯域録音したものを解析、ピックアップしてみます。
Prseus + SRC Console V2 + ALA-1530

・放送局 漁業廣播電臺
・周波数 1593kHz 
・言語 台湾語/中国語/?
・送信 宜蘭
・距離 2,084km 程度
・出力 1kW 
・録音 2016年12月04日03:59~ 

正直ここは初めて確認?できました。この周波数はNHK2,CRIが終了するといわゆるクリアーチャネルになるようです。これは中国局と思われますが、内容的にもまずCRIではないことが推定できました。それにいわゆる北京語ではなく閩南語(台湾語)のような感じ。

JST0400のところ、録音51秒で時報のようでその後IDがでています。しかしこれが聞き取れません。しかし皆様のサイトなどを参照してやっとここであることが推定できました(?!)。

『漁業廣播電臺』は
台湾語:hu(i)-giap kong-po tian-tai 「ヒュ(ィ)ギァプ コンポ ティァンタイ」
中国語:yu-ye guang-bo dian-tai 「イゥイェ グァンボ ディァンタイ」

のように発音されるようです。しかし出力1kWにしては良く聞こえるものです。皆様の情報をまとめてみるとAMでは、783kHz、1143kHz、1593kHz がパラで24時間放送のようです。宜蘭からの1593kHz放送は783Khzからの中継のようです。漁業船舶乗組員向けの放送ということなのでしょう。音楽が楽しめます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    630kHz DZMM Radyo Patrol 630

    次の記事

    1548kHz ABC 4QD