13580kHz Mashaal Radio のはず

相模原最低最高気温-0.8/11.9℃。

これは茨城実家の水田用水路沿いで撮りました。10月27日撮影。
誰かが捨てたのがこのようにここで大きくなったのでしょうか。
良く見かけますが、名称もわかりませんでした。
下記のサイトなど調べて見るといろいろな種類あります。
調べた範囲ではアツバキミガヨランが最も可能性高いか。
キミガヨランというのもありましたが、葉が垂れ気味にならない事でこれではなさそう。
ユッカと総称されることも多いようです。
北米原産とありますが、いかにも砂漠に似合いそうです。
https://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-kimigayoran_large.html

本日は家族サービスで、ほとんどウォッチ時間取れず。
取りあえずこの短波放送を受信記録としておきます。
Perseus + ALA-1530

・周波数 13580kHz 
・放送局 Mashaal Radio のはず
・言語 Pashto
・出力 250kw
・距離 8,292km 程度
・録音 2017年12月24日15:24~

短波でも新局開局などのうれしい情報も入ってるようです。
とりええず聞こえてくるものをもっぱら聞いて楽しんでいます。

ここは局IDを確認したわけではありません。
ただこの周波数、そしてこの雰囲気からまず、ここでしょうか。
これだけ安定していると逆に聞かないもので、前回の記録から2年ぶりです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Radio_Mashaal
http://www.media.gov.kw/


録音最初に聞こえてくるのは下記のPashto語?曲のようです。
Tapey-Da Samandar Pa Ghara Nast Yem Janana-Musharaf Bangash
独特の旋律ですが、ノリのいい曲です。
録音36秒付近、この曲終了後に局名を言ってるのかと思いましたが、
どうやら歌手名の方を言っているようです。
Musharaf BangashさんはPakistan出身の歌手でした。
上記曲名タイトル意味、知りたかったのですがGoogle翻訳うまく使えません。
なんとなく下記らしき表現の様ですが…  良くわかりません。
「これが…海です」

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください