9820kHz CRI+广西北部湾之声+经济之声

不明 アブラナ科

5月31日当地最低最高気温予想17.0/23.0℃。

茨城実家周辺の畑の近くで、2019年12月31日撮影。この大晦日にもう花が咲いていました。アブラナ科のものなのでしょうが、この写真からでは同定難しいですね。何でしょう。この時は本当に暖かかったようです。

本日もVHF帯域を午前中ウォッチし見るとEスボ発生してました。取りあえず録音だけはしましたが。しかし今日は解析時間無し。1日1局、1期1聴を目標?に、本日は短波を記録しておきます。
録音: Perseus + Softwear v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel.1.33

  • 周波数 9820kHz
  • 放送局① CRI 中国国际广播电台
  • 出力 500kW
  • 放送局② 广西北部湾之声
  • 出力 15kW
  • 放送局③ CNR经济之声
  • 出力 150kW
  • 言語 Chinese 上記3局とも
  • 録音 2020年5月31日19:59~

この時報前後のところ、時系列に3局が聞こえてました。それがどうした? と言われそうですが。
CRI 
強力。もう少し早く終了するはずが、時報まで信号でてました。局名も確認できます。
广西北部湾之声
時報後、CRIキャリアOffし、英語の時報アナウンス、 蜻蜓FMのサイトでこの局の番組アーカイブ確認したつもり。その後CCTVのニュースを流してるのでしょうか。ここではこの局名自体は出てないようです。
CNR经济之声
その後音楽など強めに入ってところ、アーカイブから、この局のようです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    88.4MHz FMしまばら, etc