1593kHz 漁業廣播電臺 Fishery Radio Station

相模原最低最高気温6.3/16.7℃。

これは相模原小山公園周辺の道路沿いで撮りました。7月29日撮影。
よく見かけますが、花?が穂のように見えるこれ何でしょうか。
良く見てなかったので写真から判断するしかありませんが、チチコグサモドキか。
ハハコグサでないのはわかりますが、他にもよく似たものがたくさんあるようです。
下記サイトの記事なども参照させてもらいました。
http://www.kgu-greenken.or.jp/weeds/miwakekata/chichikogusa.html

本日も早朝中波帯録音からピックアップします。
しかしまったく浮かんできません。
Perseus + SRC Console V3 + ALA-1530
再生はSDRuno Rel1.22。

漁業廣播電臺 Fishery Radio Station

<br /> DZMM, Obando ミンダナオ島<br />

周波数 1593kHz 

・放送局 漁業廣播電臺 Fishery Radio Station
・出力 1kW
・言語 台湾語?
・距離 2,073km 程度
・録音 2018年11月16日03:59~

本日はここぐらいしか録れませんでした。
気づかないだけかもしれませんが、それにしても受信状況悪いようです。
それより、まずはアンテナのメンテをしなければならないのですが、できてません。

いつものここ。
中国之声がS/Offするとほとんど混信局がなくなるようです。
またまた時報の付近、IDが出てきたとこを録音しました。

録音最初の方、時報前に流れていた曲は下記のようです。
・五月天石頭(Mayday Chi-Tou) – 咿呀呀(Yi Ya Ya)
「咿呀呀」とは、嫌がっているのではなく、そうだね、のような意味らしい。
調べると父親が、我が子(赤ちゃん)への思いを歌っているような歌詞でした。
そんな細かい事はどうでも、これを聞くだけで雰囲気は伝わってくるようです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    630kHz DZMM Radyo Patrol