7260kHz Mongolian Radio (3?)

アサガオ

10月30日当地最低最高気温予想11.0/21.3℃。

自宅で、7月24日撮影。グリーンカーテン用として植えたアサガオ。しかし目的に合った種類かはわかりませんが、この花が咲いていました。花模様からは覆輪と呼ばれるものか。花模様でも遺伝子研究のいい材料になってきたようです。

昨日の短波帯域録音からのピックアップ。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel 1.32

  • 周波数 7260kHz
  • 放送局 Mongolian Radio (3)
  • 言語 Mongolian
  • 出力 50kW
  • 距離 2,985km 程度
  • 録音 2019年10月29日 15:59~, アーカイブからも時報から

帯域録音の中で、ここが日本時間15:58過ぎに突然この録音の最初の音楽から放送開始しました。またここですが、折角なのて記録しました。
結構シグナルは強いものの、モンゴル語でもあり聞き取れません。時報のところからもアーカイブから録音に追加しておきましたが、何とアーカイブ方も、録音のゲイン設定がまずいのかかえって聞き取れません。まあ一致しており、ここであること確認はできます。
下記のサイトで 、P3局をクリックし、過去番組アーカイブ選択して聞けます。
http://www.mnb.mn/live

以前から気になってる、 素朴な知らない者の疑問。shortwaveschedule.com や、short-wave.info 等でのこの局表記、「Mongolian Radio 2」とあります。 プログラム3のはすで、WRTHでは「3」。なにか理由あるのか。またWRTH見ると、プログラム「1」と「3」はありますが、なぜか「2」ないような… ? 

ところで、この局がこの時間も出てくるようになってから、この周波数この時間の R.Vanuatu を聴くことが難しくなってしまったような気がします。とは言え頻度高くモニターしてる訳ではありません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    7445kHz Radio Romania Int.

    次の記事

    7255kHz Voice of Nigeria