4850kHz PBS Xinjiang in Kazakh

マリバルコウ

2021年4月20日、当地最低最高気温予想9.5/22.7℃。

境川沿いで2020年10月15日撮影。2週間ほど前にアップしたばかりですが、再度。マルバルコウ(丸葉縷紅)と思われます。毎年このフェンスいっぱい繁殖しています。前回も記載しましたが、白いのは別種のマメアサガオでしょうか。

今夜の短波受信音から。
録音: Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
再生: SDRuno Rel 1.4

  • 放送局 PBS Xinjiang (新疆哈萨克语广播)
  • 周波数 4850kHz
  • 言語 Kazakh
  • 出力 100kW 
  • 距離 4,499km 程度 
  • 録音 2021年4月20日21:28~

信号からはもっと強く明瞭に聞こえてきても良さそうなものですが、私のところではいつもこの状態です。今話題? の新疆ウイグル自治区から、カザフ語放送のようです。

録音の最初、民族音楽でしょうか、独特のリズムの曲です。録音最後の方に、何度も局名が出てきてるようですが、カザフ語で理解できません。ただ下記の様には聞こえてきます。
…Xinjian Radio…Television…
蜻蜓FMのサイトで探してみると、中国名では「新疆哈萨克语广播」のようです。この番組アーカイブと一致しました。

蛇足、
中国は統一された一つの国家でなければならないとしている、中央政府にとって、チベット、新疆はそれを崩しかねない脅威でしょうね。固有の文化・宗教で、漢民族とは違いという意識も強い。確かにこの受信音を聞いても、一般の中国局とは雰囲気違う感じがします。言葉も違うのであたりまえか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

747kHz CNR阅读之声

次の記事

828kHz CNR经济之声