3325kHz Voice of Indonesia 日本語放送 11月8日受信

相模原最低最高気温13.9/19.2℃。

これは茨城実家の裏庭で撮りました。7月11日撮影。
アマガエルです。正確にはニホンアマガエル(日本雨蛙)。
ひょうきんに見える顔を撮りたかったのですが、こちらに向いてくれませんでした。
それにしてもこの鳴き声の合唱を聞くと、まさに茨城に帰ってきた気がします。
ただ日本全国に分布しているので、何も茨城に限定することではありませんが。

昨夜の受信ですが、またここをアップしておきます。
Perseus + Software v4.1a + ALA-1530
そしてSDRuno Rel1.22で再生。

Voice of Indonesia

<br /> Voice of Indonesia, Palangkaraya<br />

・周波数 3325kHz
・放送局 Voice of Indonesia
・言語 日本語 / 最後にちょっと英語
・距離 4,968km 程度
・出力 10kW
・録音 2018年11月08日21:51~, 21:59~

前回の受信記録と全く同じ時間の記録、日本語放送終了のところです。
この日本語放送の最後付近のところ、インドネシアポップが流れてました。
その最後の曲の一つ前の曲の開始ところから録音しました。
それに最後のアナウンス、長いので一部カットしましたが、英語放送に切り替わるところ。

この3325kHzの周波数しか言っていません、以前の周波数完全に使用してないようです。
この程度でも私にとっては良好に聞こえてる方です。
録音最初で、この曲の紹介などしているのでしょうか。
どうも日本語のはずですが聞き取れません。
Shazamでは流れ出したのは下記曲と解析してくれました。
・Kerispatih – Demi Cinta (“For Love”の意)

Kerispatihというグループ,2003年にもともとは民族音楽からデビューし、Popにきりかえて大ヒットを出してきたとあり、いろいろ変遷を経て、現在も活動中のようです。
Wikipediaより。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください